ハースの窓

ようこそハースの窓へ。このブログでは、私たみんが日々思った事、ふと感じた事や出来事などを簡単につづっていこうと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさま、こんにちわ。

ゴールデンウィークも終わり、春の陽気にボケーッとしてしまうこの季節。五月病とはよくいったものです。

春になると、たくさんの植物が青々としてきて、早朝などは草木のにおいも感じ取れますよね。先日、近くの原っぱへ行き、”のびる”を取って来ました。
のびるは、春の季節に身近にとれる山菜の一種です。エシャロットに近いかな。私自身、去年初めて食したのですが、今年は自分で取りに行ってみました。もともと、土いじりなど苦手な私、突然出てくる”みみず”に心臓バクバク。襲い掛かってくるわけでもないのに、変に緊張してしまいます。
(>_<)のびるは、なるべく茎の太いのを選んで掘るようにしてます。太い方が、根の部分が大きいので食すのには都合もいいです。茎が細いのは、来春までまたねって感じです。取りすぎは禁物。

nobiru-1.jpg

 これこれ。動物の散歩コースになっている場所などは避けます。
 いろいろ汚物もありますので。。。
 
nobiru-2.jpg

 球根を切らないように、シャベルで奥深くから堀りあげます。

nobiru-3.jpg

 きれいに洗って土を取り、球根の先に伸びてる根っこを切り落とします。

nobiru-4.jpg

 こんな感じです。

nobiru-5.jpg

 葉っぱのところも切ります。

nobiru-6.jpg

 生でも食べられるのですが、最近の土壌はちょっと不安なので、軽く熱湯で ゆでました。

nobiru-7.jpg

 食べやすい大きさに切りました。

nobiru-8.jpg

 酢味噌が良く合います。

tanpopo.jpg

 おまけの写真

というわけで、自然の恵みに感謝しながらいただきました。
ありがとうございます。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。